レーザー脱毛では産毛が抜けないって本当?

水着の女性1

美容クリニックで行われているレーザー脱毛は非常に高い効果が期待できる脱毛技術ですが、その特徴や課題については意外と知られていません。ここでは、レーザー脱毛の基本的な仕組みと長所及び短所について紹介するとともに、特に産毛に対する効果が弱いという短所についてはそれを克服するためのヒントについても述べていきます。

そもそもレーザーとはどういうものか

レーザー脱毛といえば、電車の車内広告や街角の看板などでしばしばその名称を目にする機会があります。また、美容雑誌に紹介記事が掲載されることも珍しくありません。ただ、ではレーザー脱毛とはいったいどのような技術なのかというと、その実態は意外と知られていません。

何となく「レーザー光線を使う」ということだけは想像できるものの、その原理まで正確に理解されているとは言えないのが実情です。そもそもレーザーとは電球の光や太陽光などと同じ「光」の一種なのですが、かなり特殊な性質を持っています。

それは、他の光と違って光源から発せられても四方八方に広がることがなく、一点を目がけて直進するというものです。そのため、限られた範囲にエネルギーを凝縮して照射することができます。関連→新宿脱毛

この性質を利用して、レーザーは金属製品の成形や外科手術などさまざまな分野に用いられています。レーザー脱毛もそうした分野の1つで、レーザーの特質を美容に生かしているのです。

黒い色素に反応して毛を処理する

水着の女性2

レーザーにはまた、波長を調整することによって特定の色素だけに反応するような性質を持たせることができるという特徴があります。レーザー脱毛はこの性質を利用しています。すなわち、毛に含まれるメラニン色素だけに反応するレーザーを用いているのです。

レーザーを肌に照射すると、メラニン色素を持つ毛やその毛を生やすもととなる毛母細胞に吸収され、光エネルギーが熱エネルギーに転換されます。するとこの熱が細胞組織を変性させ、毛の再生能力を失わせます。その結果、今生えている毛が抜けるだけでなく、抜けた後に再び生えてこなくなるという効果を与えることが可能になります。

この「光を使って組織に熱ダメージを与える」という手法は、エステサロンなどでおなじみの光脱毛(フラッシュ脱毛ともいいます)でも採用されています。ただ、光脱毛の場合は白色ランプの光を用いるのに対し、レーザー脱毛ではエネルギーを一点に集中させることのできるレーザー光を用いるため、強いダメージを与えることができます。

そのため、より高い効果が期待できるのです。

レーザー脱毛にも弱点はある

非常に強いパワーを有し、いわゆる永久脱毛を目指すことも可能なレーザー脱毛ですが、課題もいくつかあります。その1つは、それなりに痛みを伴うことです。レーザー脱毛の施術時における痛みはレーザーが強いパワーを持っていることによるものなので、ある意味では「効いている証拠」と言えなくもありません。

しかし、感じ方に個人差はあるものの痛いことに変わりはありませんし、敏感な部位であれば、人によっては耐え難いほどに感じることもないとは言えません。ただ、レーザー脱毛は医療行為と見なされており、医療機関においてのみ施術を行うことが認められています。

家庭用のレーザー脱毛機なる製品も市販されていますが、安全性を考慮して出力を調整しているので、プロが行うレーザー脱毛と同じ効果は保障されていません。こうしたことから、レーザー脱毛は常に医師の監督下において施術されるので、痛みが強い時はその場で相談すれば必要なケアを行ってくれます。

費用はかさみますが、依頼すれば麻酔を使ってくれることもあります。

日焼け肌への施術はタブー

レーザー脱毛にはもう1つ、施術に伴う課題があります。それは、先に述べた「特定の色素に反応する」というレーザーの性質に起因します。レーザー脱毛は毛やその関連組織に含まれるメラニンという黒い色素を目がけてエネルギーを集中させるのですが、実はメラニンはシミやそばかすなどの原因物質でもあり、毛以外の地肌部分にも含まれています。

施術に際しては普通の肌には反応しないようきちんと調整されているのですが、特にメラニンが多く集まっている場所、たとえば日焼けした肌やホクロなどには反応してしまい、通常以上に痛みを強く感じたり、地肌を傷つけてしまったりするおそれがあります。

そのため、そうした場所に生えている毛は処理することが困難なのです。

色素の薄い毛を処理するには

また、レーザーの持つこの性質は、逆の弱点をも生み出しています。すなわち、メラニンを含まない毛の処理が難しいのです。メラニンを含まない毛とは、具体的には産毛を指します。産毛は見た目にも色が薄く、黒い色素をごくわずかしか含みません。

そのためレーザーを照射しても反応しにくく、十分なダメージを与えることができないのです。そこで一般には、レーザー脱毛は産毛の処理には向いていないと言われています。では、そうかと言ってレーザー脱毛では産毛がまったく抜けないのかというと、必ずしもそうとは言えません。

通常の毛を処理するよりも施術回数は多くなりますが、何回にもわたってダメージを少しずつ与えていくことである程度までは処理が可能です。ただ、これは個人の毛質や施術者の技量によって効果が左右されるため、産毛を処理したい場合は事前のカウンセリング時に相談してみるのがおすすめです。

合わせて読む:英語が通じるクリニックでレーザー脱毛を探すときに押さえておきたいこと

産毛の処理に強い新方式

脱毛12

また、レーザー脱毛に使用する美容機器は今日までさまざまな技術革新を遂げてきていますが、最新のマシンの中には「産毛の処理にも効果を発揮する」と謳っているものがあります。このタイプのマシンは、メラニンをターゲットにする代わりに、発毛組織全体を包んでいる「毛包」と呼ばれる部位に弱いエネルギーを断続的に照射する仕組みになっています。

これによって、少しずつダメージが蓄積され、最終的に組織の変性へと至ります。

この方式であればメラニンの有無に関係なく処理ができるため、産毛の脱毛にも効果が期待できます。しかもエネルギーが弱い分、施術時の痛みが軽くて済むという付随的なメリットもあります。この方式を採用したマシンを導入している医療機関はまだそれほど多くありませんが、各クリニックのホームページなどを見れば導入状況が分かるので、受診先を選ぶ際の参考にすることができます。

Top